読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

feminism matters

英語(とたまに韓国語)のクィア・フェミニズム系記事の翻訳の貯蔵庫。

あなたを誰よりも素敵なフェミニストにしてくれる9つのこと&合意に基づくセックス・ワークとレイプをごっちゃにするフェミニストは女性を救わない

フェミニズム101 セックスワーク 性暴力

このポストには、「あなたを誰よりも素敵なフェミニストにしてくれる9つのこと」と「合意に基づくセックス・ワークとレイプをごっちゃにするフェミニストは女性を救わない」という2つの記事の翻訳が含まれます。
「あなたを誰よりも〜」の記事には同意できるところも多いものの、(そして彼女がなんとか薄めようとしているのも読み取れるものの、)後半に強いアンチ・ セックスワークな態度が読み取れて、この翻訳をアップするのをやめようかと思ったのですが、著者のアンチ・セックスワークな態度について批判する記事 (「合意に基づくセックスワークと〜」)をTLで共有している方がいらしたので、そちらも翻訳し、時系列で両方を並べておくことにしました。]


9 things that really do make you a better feminist than everybody else
あなたを誰よりも素敵なフェミニストにしてくれる9つのこと

原文はこちら。 http://www.feministcurrent.com/2015/09/11/9-things-that-really-do-make-you-a-better-feminist-than-everybody-else/

Meghan Murphy
2015/9/11

なんでまたBustleなんて読んだのかって?えぇ、昨日投稿されていた「あなたを誰よりも良いフェミニストにするとは限らない9つのこと」というタイト ルの記事を読むためです。考え事をしたり、猫の写真をInstagramにアップしたりするのに忙しい人のために要約すると:あなたのやることなすこと全 てがフェミニスト、全ての人がフェミニスト、そしてフェミニズムとはあなたが素晴らしいと思うことすべて。

良い気分ですか?ならよかった。私は次に「マルクスよりあなたのほうが素晴らしい共産主義者である11の理由」とかいう記事が出てくるのを楽しみにしてい ます。生産手段を所持している?それがなんだっていうんだ、あなたが共産主義者であることを誰も否定なんてできやしない!#共産主義はすべての人のもの. ちょっとした資産家の家に生まれたけど、いつも労働者階級の気分がしてたって?問題ない。プロレタリアートとしてのアイデンティティをもつことは、階級のヒエラルキーをひっくり返すための良い方法だ。

異議あり。Bustleの記事の良いところといったら、私にこのリストを作るよう駆り立てたということぐらいです。以下が、私が考える、あなたを他の誰よりも素敵なフェミニストにしてくれる9つのことです。

1) 女性であること

あなたが男性でもフェミニストの強力な仲間になることはできますが、女性の経験を完全に理解することはないでしょう。女性は家父長制の元で抑圧されている 人間の集団であり、男性はそのシステムの中で支配的なグループなので、女性の解放のための運動を率いていくのは女性でなければなりません。女性であるとい うことはフェミニストであるということの中心的な意味です。フェミニズムは女性による女性のための運動だから。男性も家父長制によって悪影響を受けたりし ますが(男性性なんてクソです)、結局、家父長制から利益を得ているのはいつも男性で、(男性の手によって)苦しめられているのはいつも女性です。男性としてフェミニスト運動を支持する最善の方法は、他の男性や男性特権、そして男性による暴力に立ち向かうことです。実際、それは非常に運動を助けるし、私たちが自分自身で、出会う男性全てになぜ女性はアダルトグッズではないかということを説明する手間が省けます。フェミニストを名乗らなくてもこういうことはできます。男の子たち、言葉ではなく行動で見せてください。

2) フェミニズムは感情やアイデンティティではなく、政治運動であると理解すること

フェミニズムは「私はフェミニスト」とかいてあるTシャツを着ることではありません。家父長制的抑圧から女性を解放することになんの興味もないけれど、とりあえず言っておけばいいというものではありません。フェミニズムに馴染みがなくて、まだ勉強し始めたばっかりでも全然かまいません。運動に加わるために 全てのことを知っている必要はなく、ただフェミニズムは移ろいやすい言葉や、ロゴ、売るための商品ではないということは理解して欲しいと思います。「社会主義は君が考える全てのことだ!なんでもあり」なんて誰も言わないでしょう。そんなのはあほらしいし、事実ではないからです。

女性を客体化すること、女性に街で嫌がらせすること、男性が男性であるゆえにもつ権利、ジェンダーに関する偏見、女性への性暴力などは何の問題もないと思っているなら、あなたはフェミニストではありません。自撮りしたり、結婚したり、ハイヒールを履いたり、大金を稼いだりすることはフェミニズムとは関係 がありません。(もちろん、フェミニストたちはこういうことを全部して構わないのです。)フェミニズムはあなたが個人として気分が「良く」なったり、その時だけエンパワーされたりするものではないからです。あなたはエンパワーされたと感じることはあるでしょうが、それは必ずしもフェミニズムを生み出すもの ではありません。また気分が「良く」なることがエンパワーと同義でもありません。エンパワーメントは、フェミニズムの文脈では、周縁化された人々の集団の社会的なエンパワーメント(このケースでは女性全体)です。だから、たとえば、セクシーな気分でヌードの写真を撮ってファッション誌やポルノ雑誌に載ることは気分が「良く」なるかもしれませんが(良い刺激になったり、楽しかったり、金銭的な利益があったりするでしょう)、それは女性という階級を全体として上昇させるものではないので「エンパワーメント」とは違います。

3) あほらしい反知性主義はもうやめる

もういい加減にして!思考することは悪いことではありません。もちろん、フェミニズムには学位は必要ありません(シーッ)。でも、同様に、「象牙の塔なんてクソ、イデオロギーも理論もクソ」的な態度も生産的ではないしナイーブです。

イデオロギーなしにアクティヴィズムはありえません。イデオロギーとは政治運動を形作るアイディアのあつまりです。私たちにはそれが必要だし、もしそれがなければ、どうやって自分たちのやってることの意義がわかるっていうの?(なに?私たちは自撮りしてインターセクショナリティ!ってツイッターで互いに叫んでるだけ?そりゃよかった。イデオロギーなんてクソ。運動もクソ。はいはい。)

同じように、この運動の歴史を理解することも大事なことです。何度も同じことを繰り返す必要がなくなります。また、私たちが今日享受している権利のために闘った数多の女性たちの働きや活動をなかったことにして、歴史修正をしないですみます。

いかに批判的に考えるかを理解すること、フェミニスト・イデオロギーを理解すること、フェミニストの歴史を理解すること。こういったことは、お高くとまっ たエリートのためだけのものではなく、運動にとって根本的なことです。これらなしに私たちはなにも達成できず、ソーシャルメディアでSlutpower! と闇雲に叫び続けるだけになってしまいます。教育と学術は悪いものではなく、世界中の多くの人々がアクセスすることができていない、もしくはアクセスでき ても多大な借金を背負いこまされる、「良い」ものなのです。教育が問題なのではありません。システムが問題なのです。(無料の高等教育はフェミニストの課題です。ハッシュタグつけて広めて!)

4) フェミニズムは政治的に正しさ(PC)のことではないと理解すること

誤解しないでください。フェミニストであることはもちろん自分の言葉と行動についてよく考える人であることです。何でもかんでも好きなことを好きな時とき に言ったりやったりするのはわがままで、無責任で、反抗期の子どもみたいなことです。でも、私たちが、わがままや他の人を攻撃すること、10代の子どもの ように振る舞うのを避けようとすることは、すなわちPCにつながるとは限りません。

フェミニストであるということは、あなたの身の回りの世界のことを批判的に考えるということです。なんであっても額面通り受け取らず、現状を常に問いま す。人を不快にするものであっても、真実を語ります。変化はいつも人々を居心地悪くさせるものです。支配的なイデオロギーを問うことは人を動揺させます。 政治的に正しくあることは、誰の機嫌もそこねないようにし、そして境界線の上を爪先立ちで歩くということです。それは「革新」とか「リベラル」の境界線かもしれません。誰かが「フェミニスト」とみなすものの境界かもしれません。とにかく何かの境界線です。自分の頭で考えるのをやめて、その呪文に本当に意味があるのかを考えることなく、あなたの仲間がいうからといってただ反復し、勇敢であることをやめ、広く行き渡っている言説の裏のイデオロギーやメッセージを問うことをやめたとき、あなたは変化を起こす主体ではなく、迎合しているだけの存在になってしまいます。

今日、あまりに多くのフェミニストたちが、論争的なことをいうのを恐れています。死ぬほど気が重くなることです。若いフェミニストたちは、差別主義者とか 「フォビア」とか言われるのを恐れて、声をあげたり、広く行き渡っている言説を問うのを躊躇しています。抑圧をはねのけるのではなく、空気を読んで流され るようになってしまいました。抵抗は良いことです。自分の頭で考え、当然と思われている考えを問う力は致命的に重要です。政治的に正しくあることなんてどうでもいいのです。

5) 高齢者差別しない

いつからフェミニズムで高齢者差別がまかり通るようになったのでしょうか?あーそう、第3波…。とにかく、反抗的な10代が「あんたは私の母さんでもないくせに!」(ドアをバタンと閉める)と年長者にいうのは理解出来ることですが、私たちはもう反抗的な10代じゃありません。大人です。あなたがフェミニス トなら、「第2波」を侮辱するなんてありえません。そんなことは女性バッシング、アンチ・フェミニスト、高齢者差別のクズです。それでもそうしたいなら、おめでとうございます、あなたはまさに家父長です。無知でありたいならどうぞ。もう若くない女はばかで、時代遅れで、上品ぶった老いぼれで、退屈な古臭い家庭にすっこんでろと思っているなら勝手にすればいいですが、あなたはフェミニストでは決してありません。運動をしていた上の世代の女性たちのほうがあ なたよりよくものを知っているし、彼女たちなしには私たちはどこにも行けません。

6) セックスと男が嫌いなことを悪いことであるかのようにいってフェミニストを責めない

女性が男とセックスが嫌いだっていいんです。男性とセックスを嫌うのは完全に自然なことです。男と男とのセックスは、何世紀もずっと数多の女性にとってトラウマの根源でした。ある男性を愛してセックスを楽しむのもまた、完全に自然なことです。こういった現実は、フェミニストを侮辱したり、攻撃したり、けなしたりするのに用いられてはなりません。男性の暴力に抵抗するフェミニストを「セックス嫌い」とか「男嫌い」といって非難する時、あなたはアホみたいな異性愛規範に加担し、フェミニストは男にセックスの相手にされないから怒っているだけだという偏見を強化しています。こういう物言いは、レイプカルチャーとつながっています。つまり、男は女を犯すことで女を受動的な存在に押し込め、またはレズビアン女性をストレートにすることができるという考えです。抱ける 女だけが「本当の」女という考えです。女が一人前になるため、また重要な存在として認識されるには常に男が必要であり、女性は常に男との関係においてのみ存在しているという考えです。これらはアンチ・フェミニスト的考えです。

男やセックスが好きだろうとそうでなかろうと、彼女の価値に関係はなく、彼女の人生、考え方、言葉、運動が意味を持ちます。フェミニズムが立ち向かってい るのは、男との関係においてのみ女性が認識され、また人間として価値がある存在とみなされるといった考えです。これは彼女をブスだといって攻撃するのに似 ています。女性はじろじろ見られるためや、男とセックスするために存在しているのではありません。自分のために存在しているのです!レズビアンフォビアの 性差別はMRAフォーラム[MRA=Men’s Rights Activist、男性の権利活動家の集まり]に持って帰ってください。あっちに行けば歓迎されるでしょう。

7) 男性の権利運動家(MRA)ではないこと

MRAといえば。他の誰よりもあなたを良いフェミニストに絶対にしてくれるものってなんだかわかりますか?女性の権利のために闘うことです。男性の権利ではなく。つまり、風俗に行きたい男の権利を守るために闘うのではなく、女性の人権(女性たちがセックス・ワーカーにならなくても家賃を払えて、ご飯が食べ られるようにすることを含みます)のために闘うことです。見過ごされがちですが非常に重要なフェミニズムの主張は、女性は人間であるということです。そうです!私たちはこの点で妥協しません。私たちは人間なので、知らない男とセックスしたり彼らの暴力の対象になることなく、食料や住居が獲得できるべきなの です。

もしあなたが、男には女とセックスする権利があると思うなら、間違っています。誰もセックスの権利なんてもっていません。それは人権ではありません。あなたがアジア人女性フェチなのも、学生もののポルノやアナルセックスものが好きなこと、女性を売女と呼びながら髪をひっぱって首を絞めたいと思うことは、あなたの変態なセクシュアリティの中身ではありません。ただ、あなたは人間扱いされない女性にそそられているだけなのです。さよなら!

8) 客体化とヌードは同じではないと理解すること

フェミニストは女性の裸体が嫌いなわけではありません。愛しています。私たちが持っているものです。食べたり歩いたり、子犬と遊んだりするために毎日使っ ている私たちの身体です。私たちの身体が、男という集団ではなく私たちのものであり、私たちが使ったり楽しんだりするものであればと思っています。

私たちの身体は賞賛されたり性的に見られたり、犯されたりするためにあるのではありません。私たちが生きていくためにあるものです。私たちの文化はセックスとセクシュアリティをごっちゃにして、同じであるかのように私たちに思わせています。でも実際には違います。私たちはこの文化の中で性的客体化というも のを学んだため、客体化さえセクシーなものと感じることがあるかもしれません。女性のヌードがこんなにも難しい問題になるのは、フェミニストたちが自分の 肌を恐れているからではなく、女性のヌードがポルノ化されずに存在することが許されていないからです。だから女性が公共の場で授乳したら錯乱する人たちが います。おっぱいが露出する唯一の理由は男がじろじろ見るためだと思っているからです。私たちの身体をオカズにするのをやめれば、社会の「お上品さ」も崩れ去るでしょう。

9) まじで頼むから、フェミニズムをおしゃれに見せようとするのをやめて

フェミニズムを人気者にしようとしたってうまくいきません。フェミニズムが人気者になるべきではないと言っているのではなく、フェミニズムを今日の大衆に売るためには、フェミニズムの意義がなくなるほどに薄めないといけなくなるからです。(この記事を書くきっかけになったBustleの「あなたを誰よりも良いフェミニストにするとは限らない9つのこと」のリストを見てみてください。)フェミニズムを売り出す必要なんてありません。そうするべきでもありませ ん。私たちは私たちの価値をぎゅっとにぎりしめたまま、女性の仲間を増やすことができます。本物のフェミニズムが嫌いで、仲間に加わるつもりがないなら、 おそらく少し時間が必要なのです。もしくは、そもそもフェミニストではなかったのです。私は教育には大賛成ですが、嘘を教えてはいけません。家父長制が問 題ではないと思っている人たちのために、フェミニズムをセクシーだったりわかりやすくしたりするのはフェミニズムを助けることになりません。

フェミニストであることは、その人がおしゃれでないとか、つまらないとか、魅力的ではないという意味ではありません。本物のフェミニズムはかっこよさ、楽 しさ、おしゃれを重視しないということです。私たちが闘っているのは、DVやレイプ、性奴隷制、近親姦、ペドフィリア、女殺しなどです。ぜんぜんおしゃれ でも楽しくもセクシーでもありません。そういう問題じゃないんです。フェミニズムはファッショントレンドなんかではありません。


***


Feminists Who Conflate Consensual Sex Work With Rape Aren’t Helping Women
合意に基づくセックスワークとレイプをごっちゃにするフェミニストは女性を救わない

Sydney Leathers
2015/12/7

原文はこちら。 http://www.thefrisky.com/2015-12-07/feminists-who-conflate-consensual-sex-work-with-rape-arent-helping-women/

一般的に、フェミニストという言葉を見ると、他の女性や女性にまつわる問題への取り組みを支持する女性たちを思い浮かべます。しかし、すべてのフェミニストが「すべての」女性を支持するわけではないということを忘れていました。フェミニストの中には、セックス・ワーカーにまったくリスペクトをもっていない 人たちがいます。彼女たちは、セックス・ワーカーに関心を持っているように見せるけれども、軽蔑を隠すことができていません。すべてのセックス・ワーカーは犠牲者であり、救いが必要で、警察を信じるべきだというフェミニストのことです。こういうタイプのフェミニズムは、女性のセクシュアリティについての微妙なニュアンスを切り捨て、ポルノスターであることとフェミニストであることは両立し得ないとします。このことについて、以前にもThe Friskyに書きました。Feminist CurrentのMeghan Murphyのようなフェミニストは、ポルノスターとセックス・ワーカーが危険な目にあった時だけ、彼女たちのことを気にします。例えば先日のJames Deenのレイプ事件を、彼女たちのアンチ・ポルのでアンチ・セックスワークというアジェンダを広げるために利用するのです。

性交同意年齢未満で、自分に何が起こっているかもわからないような時に性的虐待を経験した人間として、一番傷つくのは、26歳の女性として、AV撮影に合意する能力がないとみなされることです。ポルノは私にとって、色々な意味で重要なはけ口でした。私自身と私の身体を受け入れることを助けてくれました。そ して、一番大切なことは、撮影中自分に起こっていることをコントロールすることができたので、それがエンパワーメントにつながったということです。撮影前に、どんなことをするのか、どんなことはやっても平気で、どんなことがそうではないのかをいつも話し合います。私が望まなかったことが、撮影中に起こった ことは決してありません。どんなセットや会社の仕事でも、です。耐えなければならなかった一番辛いこと?誰かが遅刻してくること。あぁなんて恐ろしい!

私が同意していること、私が楽しんでいることに対し、誰かがそれは虐待だと言ってくるのは腹立たしいことです。私はどちらも経験してきました。合意してセックスをしたし、レイプをされたこともあります。何が違うのかわかっています。さらに、Murphyと彼女の仲間たちがこの2つをごっちゃにするとき、 彼女たちは「本当の」性的暴行を軽んじるだけでなく、サバイバーが、とりわけセックス・ワークをしているサバイバーが、レイプについて語るのをより困難に しています。結局、もしすべてのポルノのセックスがレイプなら、ポルノスターがレイプされたと言ったって、誰が真剣に受け止めるでしょう?

こういうタイプのセックス・ネガティヴなフェミニストが理解していないことは、女性は自分から進んでBDSMのポルノやセックスをしたいと考えるし、それ を楽しむこととができるということです。個人的には、少し乱暴なセックスは好みです。少し首を絞められるのも好きです。(キーワード:少し。気絶するまで 首を絞められるという意味ではありません。喉のまわりに手をやるだけで十分なこともあります。)過激なBDSMはやらない会社のためにヴァニラセックスの撮影をしたこともあるし、そのとき撮影中に首を絞めてと頼んだら、監督に怒られました。私が好きなセックスというのはありますが、この男性の監督は、視聴 者にとって映像があまりに乱暴に映らないように撮影するのが仕事だったわけですから、それは理解できます。

フェミニズムは常にたった一つの万能な正解をもつものではなく、フェミニズムのある側面は、他の側面に比べてより個人的です。Murphyと私は違うものの見方をしますが、私は彼女がフェミニストではないと言いたいわけではありません。私は単に、セックス・ポジティヴ・フェミニズムとセックス・ネガティ ヴ・フェミニズムの大きな違いについて指摘しようとしているだけなのです。しかし、セックス・ポジティヴなフェミニズムのほうしか、女性が自分の身体やセ クシュアリティについて自分で選択することを許さないだろうと思わずにはいられません。それってフェミニズムにとって非常に重要なことではないですか?もし女性が妊娠について自分の身体について決める権利が必要だと考え、支援するなら、同じように、彼女が望むセックスをする権利についても理解し、支持するべきではないですか?先週、Murphyは「これは女性の「運動」です。私たちは互いから学び、誠実に互いに説明しあいます」とつぶやきました。いいで しょう、あなたの番です。

あなたは女性の人身取引とプロフェッショナルのポルノをごっちゃにしますが、それは同じものではありません。女性がなぜ生活のためにポルノに出るかをあな たが理解できないからといって、だれもカメラの前でセックスすることに本当の意味で合意できないということにはなりません。「[セックス・ワークの]合法 化は女性への暴力と搾取を深刻にする」とあなたが考えるからといって、合法の店での売春は街角での売春よりも危険ではないということにはなりません。


Meghanはツイッターで私に「セックス・ワークは女性のグローバル規模の抑圧に加担するものだ」と言いました。しかし女性は(この点に関しては男性や 子どもも)たくさんの産業のなかで抑圧されていて、いうまでもなく、セックス・ワークのために人身取引されるよりも多くの人々が、農業や家事労働のために取引されています。ミソジニーは女性を抑圧し、ミソジニーは世界中のあらゆる産業のなかにあります。しかし、Murphyのようなアンチ・セックスワークのフェミニストは、セックス・ワークを他よりもひどいか特別だと思っていて、だから彼女のバイアスを、セックスワークを選んだ人にも押し付けています。しかし、実際のところ、私は自分がポルノ産業によって搾取されたとは思っていません。私自身が私自身のために、性的にもお金のためにも、ポルノ産業を搾取したと思っています。

私の議論がMurphyの議論とまったく交わらないのは当然です。私はセックスワーカーで、彼女的には、セックス・ワーカーは自分にとって何が良いのかわ かっていない人々だからです。でも、彼女のようなフェミニストが耳をかさないからといって、私たちが声をあげたりしてはいけないということではありませ ん。とりわけ、AV産業がその内部での性的暴行について取り組んでいるときには。私はStoyaやJoanna Angel、その他にもJames Deenによって暴行を受けた女性たちへの支持をおしみません。しかし、私は、プロフェッショナルのポルノと人身売買とレイプをごっちゃにし、Deenの犯罪をポルノ産業と従事者を悪者にするために利用することも拒否します。私はセックスワークの犠牲者ではなく、誰かが私をそう呼ぶとき、黙って傍観したり はしません。