読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

feminism matters

英語(とたまに韓国語)のクィア・フェミニズム系記事の翻訳の貯蔵庫。

レッドストッキングス・マニフェスト(1969)

社会運動 歴史

レッドストッキングス・マニフェスト(1969)

 

[レッドストッキングスは1969年に結成されたフェミニストのグループで、ラディカル・フェミニストと呼ばれます。ラディカル・フェミニズムについては以下のまとめがわかりやすいです。 ラディカル・フェミニズムの正しい理解のために小宮友根さんが連ツイ - NAVER まとめ]

 

*原文は以下より。

http://redstockings.org/index.php/42-uncategorised/76-rs-manifesto

 

 

1. 何世紀も個々人で政治的闘争を重ねるという準備段階を経て、女たちは男性至上主義からの解放という最後のゴール達成のために団結しつつある。レッドストッキングスは、この団結を作り、私たちの自由を勝ち取るために尽くす。

2. 女は抑圧されている階級である。私たちの抑圧は全体的で、生活のあらゆる面に及んでいる。私たちは性的客体として、「産む機械」として、家の使用人とし て、安い労働力として搾取されている。男の生を楽しいものにすることしか能がない劣ったものとされ、私たちの人間性は否定されている。物理的な暴力の脅迫 によって、一定の行動しかとれないようにさせられている。

互いに孤立したまま、この抑圧と親密に付き合ってきたために、私たちは私たちの個人的な苦しみを政治的な状況と見ることができなくさせられていた。結果、女が男と持つ関係は、独自の人格をもつ2人の相互作用で、個人的なものだという幻想を抱いてきた。実際には、どんな男女の関係も階級の関係であり、個人的な男女間の葛藤は、集団的にしか解決されえない政治的な葛藤である。

私たちは、私たちを抑圧しているのは男だと名指す。男性至上主義は最も古く、最も基本的な支配の形態である。他のあらゆる搾取と抑圧の形態(人種主義、資本 主義、帝国主義など)は、男性至上主義の延長である。つまり、男が女を支配し、少数の男が残りを支配する。歴史上のあらゆる権力構造は、男性が支配し、男性のためになるよう作られている。男があらゆる政治的、経済的、文化的制度をコントロールし、物理的な力でそのコントロールを固めている。男たちはその権力を使って女を劣った地位に押し込めている。あらゆる男は、男性至上主義から経済的、性的、精神的な利益を得ている。全ての男が女を抑圧してきた。

 

3. 責任を男ではなく、制度や女たちになすりつけようとする試みがなされてきた。私たちはそのような責任逃れのための議論を非難する。制度がそれ自体で抑圧するのではなく、それは抑圧者の道具にすぎないのだ。制度への批判は、男と女が同様に犠牲者にされるということを含意し、男が女の抑圧から利益を得ているという事実を曇らせ、男たちが自分たちは強制的に抑圧者にさせられているのだという言い訳を許す。事実は全く反対で、どんな男だって、他の男から女のように扱われるつもりがあるのであれば、いつだってその優越的な立場を捨てることができるのだ。

私たちは、女が女の抑圧に同意した、または責任があるという考えを拒否する。女の服従は、洗脳や、愚かさ、精神病の結果ではなく、男からの日常的、継続的なプレッシャーによるものである。私たちは私たちを変える必要はない。男が変わるべきなのだ。

一番有害な言い逃れは、女が男を抑圧するというものだ。個々人の関係を政治的な文脈から切り離し、男がその特権へのどんな正当な異議申し立ても不当な迫害とみなす傾向のせいで、そんな幻想が生まれてしまう。

 

4. 私たちは私たちの個人的な経験、その経験についての私たちの感情を、私たちに共通の状況の分析の基礎とする。既存のイデオロギーは全て男性至上主義の文化の産物で、使えない。私たちはどんな一般化も問い、私たちの経験と合わないものは受け付けない。

今の段階での私たちの主要な課題は、経験を共有し、あらゆる制度が性差別を基礎としていることを暴くことで、女の間の階級意識を育てることだ。コンシャスネス・レイジングは「治療」ではない。「治療」と呼ぶと、男女関係は純粋に個人的なもので、個別に解決策があるかのように誤解させる。しかし、私たちが解放 のために使える唯一の方法は、私たちの生活の確固たる現実に依拠したものだけである。

階級意識を育てるために最初に必要なのは、公でも私においても、自分自身と他の女たちに正直であることである。

 

5. 私たちはあらゆる女たちと一体化する。私たちは、最も貧しく、暴力的な搾取に晒されている女の利益こそを最優先させる。

私たちは、女を分断するあらゆる経済的、人種的、教育的、地位的特権を拒む。他の女に対してもっているどんな偏見をも認識し、捨て去ると決意する。

私たちは、私たちの中での民主主義を達成する。あらゆる女たちが、私たちの運動の中で参加し、責任を果たし、その政治的潜在性を育てられる平等な機会を得るのに必要なあらゆることをする。

 

6. 私たちは、姉妹たちに、この闘争のために私たちと連帯するよう呼びかける。

私たちは、あらゆる男に、すべての人類と自分自身の利益のためにその男性特権を捨て、女性の解放を支援することを呼びかける。

私たちの解放のための闘争において、私たちは常に抑圧者に対する女の側につく。私たちは何が革命的か、改良主義的かを問わず、ただ何が女にとって良いことかだけを問う。

 

それぞれがばらばらに闘う時は過ぎた。今こそみんなで、全力でやり遂げる。

 

1969年7月7日

レッドストッキングス



P.O. Box 748*

Stuyvesant Station

New York, N.Y. 10009

 

* レッドストッキングスの現住所は、P.O. Box 744, Stuyvesant Station, New York, NY, 10009.