読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

feminism matters

英語(とたまに韓国語)のクィア・フェミニズム系記事の翻訳の貯蔵庫。

女性大行進でのアンジェラ・デイヴィスのスピーチ

女性大行進でのアンジェラ・デイヴィスのスピーチ

 

2017/1/21

Angela Davis

 

youtu.be

 スピーチのトランスクリプトはこちらから。

http://www.cosmopolitan.com/politics/a8625754/angela-davis-womens-march-speech-full-transcript/

 

この試練の時代に、この「女性の大行進」に集まった数多の女性、トランス、男性、若者たちこそ、死にかけの人種主義、異性愛主義的家父長制の文化の蘇りを阻止する強力な力なのだということを忘れないようにしましょう。

 

私たちは歴史の作り手であり、歴史はウェブページのように簡単に消すことはできません。私たちは、今日の午後、先住民の人々の土地に集まり、大規模なジェノサイドという暴力にもかかわらず、その土地、水、文化、人々のための闘争を続けてきた先住民(first people)の後に続きます。

 

この国の歴史の性格を形作ってきた黒人の自由への闘争は、手で振り払えるようなものではありません。黒人の命は大事なのだということを、忘れさせられるはずがありません。この国は奴隷制と植民地主義の上に成り立っており、つまり、良くも悪くも、アメリカ合衆国の歴史とはまさに移民と奴隷制の歴史なのです。殺人やレイプの罪をなすりつけたり、壁を作ってゼノフォビアを広げても、この歴史を消すことはできません。

 

違法である人間なんていない。(No Human is Illegal.)

 

この惑星を救うため、地球温暖化を止めるため、そしてスタンディング・ロック、フリント(ミシガン)、ガザと西岸での、水と土地へのアクセスを求める闘い。植物を救うための、大気を救うための闘い。ここが、社会正義を求める闘いのグラウンド・ゼロです。

 

これは女性の行進であり、この女性の行進は、国家暴力の有害な力に抵抗するフェミニズムの誓いを代表するものです。そして、人種主義、イスラモフォビア、反ユダヤ主義、女性嫌悪、資本主義的搾取への抵抗へ皆が参加するよう求める、包括的でインターセクショナルなフェミニズムのあり方です。

 

そうです。最低賃金1日15ドルを求める運動に敬意を。私たちは集団的な抵抗のために尽力します。億万長者の不動産王やジェントリファイヤーへの抵抗。ヘルスケアの民営化への抵抗。ムスリムと移民への攻撃への抵抗。障害を持つ人への抵抗。警察と監獄ビジネス複合体を通じた国家暴力への抵抗。産業的なまた親密圏でのジェンダー暴力、とりわけ有色のトランス女性への暴力への抵抗。

 

この地球上のどこでも、女性の権利は人権であり、だからこそ私たちはパレスチナのための自由と正義を求めます。チェルシー・マニング、そしてオスカー・ロペス・リヴェラの解放を祝福します。しかし、私たちはレナード・ペルティエ、ムミア・アブ=ジャマル、アサタ・シャクールの解放も求めます。

 

今後数ヶ月、数年の間は、私たちの中でもとりわけ弱い立場に置かれた人々を護るため、私たちの社会正義を求める運動はより戦闘的になることを求められるでしょう。いまだに白人男性の異性愛的家父長制を擁護し、保持しようとする人たちは用心したほうがいい。

 

トランプ政権の1459日間は、1459日の抵抗の日々になります。日々の中での抵抗。教室での抵抗。職場での抵抗。アートや音楽の中での抵抗。

 

これは始まりに過ぎず、傑出した活動家エラ・ベイカーの言葉をかりれば「自由を信じる我々は、それが実現するまで休むことはできない」のです。ありがとうございました。